下丸子商栄会の日常

 商店街は個人商店が連なっていて、人情あふれる商売を行っている。毎日利用していると、店主とも信頼関係が構築され、商店街への買い物が日々の交流に発展する。さらに、商店街は常に大人の目が通っているので犯罪が少なく、子供でも1人で安心して歩けるメリットもある。また、商店街は老舗店舗が多いのが特徴である。近年では、商店街も集客に力を入れ、多くのイベントが開催されている。

子供たちを大切にする町

 下丸子駅近くの下丸子児童公園。公園で保育園児などが多く公園中を走り回っていたり、遊具で遊んでいたりしている。また、子供たちの保護者が集まって談笑などこの場所は人が多く住民が集まる憩いの場になっている。公園隣のビルに子供向けの絵が描いてあり地域住民が子供たちを大切にしているのを感じさせる。

下丸子の玄関、ガス橋

ガス橋から下丸子を見ると一つ思いついたことがある。それはガス橋は下丸子の玄関口ではないかと…

なぜなら下丸子の川沿いはキャノン本社などの工場やマンションなどの高層が立ち並んでいて、そこを超えると低層の平屋等が多く立ち並んでいる。

そこでこの高層マンション等を玄関口、神社で例える所の鳥居と見立てる。そこから伸びる旧提通りを廊下と見立て、平屋の一つ一つを部屋と見ると下丸子自体が一つの大きな家と捉えることができるのでないかと思った。

そんなことを考えて改めてみてみるとまた違った一面を感じ取れるかもしれない、そんな下丸子にとっての大事なガス橋はいい風景である。

ガス橋の概要

多摩川河口から10.5km上流の位置により、東京都大田区下丸子と神奈川県川崎市中原区上平間の間に架けられている。

片側一車線の道路橋であり、東京都道・神奈川県道111号大田神奈川線が通過する。袂で交差する東京側の旧提通り、川崎側の多摩沿線道路へ出入りする車の通行量が多く、朝夕は車の渋滞が起きやすい。

東京側を北上すると環八通りと交差し、神奈川側に進むと多摩沿線道路、南武沿線道路、国道409号(府中街道) の順に交差する。

北詰にキャノン本社が位置し、川崎側最寄り駅である南武線平間駅からこの橋を徒歩で渡って通勤する多摩地域・神奈川県在住者も多い。

・ガス橋の歴史

名称は東京ガスが鶴見製造所で制作した大量のガスを東京に供給するために作られたことに由来する。       1931年(昭和6年)9月に「瓦斯人道橋」として開通、1936年(昭和11年)ガス管が増設された。戦後は周辺の橋が増大する交通量に対応しきれなくなり、1960年(昭和35年)に現在のガス橋が完成、車両の通行が可能となった。

河原坂から見える駅と商店街

ここは鵜の木松山公園から駅、  商店街に向かって見下るした河原坂という坂である 。さらに奥に進むと多摩川まで続いており、 一本の道となっている。河原坂はそんな鵜の木を象徴した道の一つである 。

最初の路地は緩やかな坂なので、 路地だと思ってしまうのだが、 途中に大田区の立てた標柱があるので坂だとわかる。大正時代まではここがメインルー トであった。

現在の鵜の木2、 3丁目付近は、 昔多摩川の河川敷であったので、  河原の地名がある。坂道の由来は河原に出る坂道であることによる。今は 「切通」になって緩やかであるが、 以前は道幅の狭く急な坂で、 河原の畑を往来する 荷車などは難儀をしたという。

小高い丘にたつランドマーク

自然が多い多摩川エリアだがひと際目立つ緑がある。 ここは多摩川台古墳群であり、今は公園や神社など地域住民の憩いの場となっている。

コミュニティとなる場所が少ない中、ここに来れば、自然とコミュニティを築ける。 付近には、小さな商店街や神社の下に店舗があり、特徴的なエリアとなっている。

ここを歩くと、東京っぽさは感じないものの、静かでゆったりとした時間が過ぎていて いい風景だと感じる。古墳の上にあるからこそ見える、多摩川や周りの住宅の景色が違って見 える。

古墳の上に立つ神社~多摩川浅間神社

創建は鎌倉時代の文治年間(1185年~1190年)と伝えられる。浅間造は、日本における神社建築様式の1つであり、全国に4社のみ。

富士山本宮浅間大社に代表される浅間造は、社殿の上にさらに別の社殿 が載った二階建ての建築様式で、神社建築としては特殊な形式である。 神社の建つ敷地は、多摩川台古墳から連結する前方後円墳の一部に建つ神聖な場所である。

昭和を生きた遊園地~多摩川園

神社から北側に見える大田区が工事をしている敷地は昔、「温泉遊園 地多摩川園」(遊園地)してオープンしていた。同じ年には丸子多摩川花 火大会も開始された。元々は、東急の始祖である田園都市株式会社が分譲目的で用地買収を 行った際に抱き合わせで購入させられた土地で、歴史のある場所である。

神社に現われた卓球台

地域を盛り立てようと願って行われた「多摩川アートラインプロジェクト」の一環として

2007年に浅葉克己によって設置された。

神社に卓球台という光景も、近所の子供たちには「おなじみ」なのだそう。

ラケットは社務所で貸し出されており、誰でも青空卓球を楽しむことができる。

見え隠れする神社

昔は農地で豊作を願うために神を祀られてきた神社、今では住宅地の中に神社が自然に溶け込んでいる。

家と家の間から派手な屋根がひょっこり見えたり、建物の死角になって突然神社が現れたりするところが面白い。住宅の中にその土地になじんでいる神社が見え隠れする。

ガス橋通り欅並木

 この欅並木を境に西側は昔ながらの商店街など古い住宅が多く東側には住宅街・マンションといった綺麗な建物が多い。このガス橋通り欅並木は自然が感じる美しい道だけではなく、道を返して町の雰囲気が変わるなど見えない境界線のようにも感じる。

沼部駅_地域と育つ駅

駅は私たち学生や社会人、お出かけなど生活を送るのに欠かせない一部 である。 また、沼部エリア付近にはバスが通っておらず店舗も駅の周辺に集まっ ている為沼部駅付近には地元周辺の人や周りの学校を利用する学生たち が歩く街のシンボルの一つであり沼部駅は日々の日常に溶け込んでいる。

沼部は他の多摩川沿線に比べて六郷用水など自然が多くそこに集う様に学生や子連れの お散歩ルートやゆっくりとした時を楽しめる雰囲気がある。

駅付近には通勤や通学を目的とした人が集まり平日や休日も人が通る場所で賑わっている。 また駅が2つに分かれている事により行きと帰りで電車の風景が異なったりすぐに駅に入ら ず外に出る事で沼部の街を見渡し触れることができ、その様にごく当たり前の日常の景色で も地域に触れ地域の声を取り入れたりバリアフリーや駅の清潔感など駅の使用者への配慮を 忘れずに暖かく人を迎え入れ進化する駅は沼部のいい風景であり建築の1つである。