2020年度 設計作品ギャラリー

課題:スモール・アーキテクチュア

新コロナウィルスで外出自粛や三密(密集、密閉、密接)を避けることが新しい生活様式となってきました。そんな社会状況の中、自宅で過ごす時間が長くなり、身近な住環境の快適性の大切さを再認識するとともに、自宅周辺のまちの中に、今まで気づいていなかった場所を発見したりする機会があるのではないでしょうか。そこで、この課題では、自宅周辺のまち調査し、利用できるのに利用されていない空き家や空地など、まちなかになる「少し残念な場所」を見つけ、その場所の価値を高める「スモール・アーキテクチャー」を提案しました。

寄り木

青木 登来

課題:公園に建つ地域のコミュニティセンター

この課題は大田区内にある公園である洗足池公園を敷地にその地域の歴史、文化的な特性を生かした「公園にたつ地域のコミュニティセンター」を計画しました。大田区の主要な公園である洗足池公園の周辺環境を読み取り、これからの時代にふさわしい公共施設の計画を計画。あらゆる年代、性別、国籍を超えた多様な地域住民が気軽に集える魅力的な「交流の場」を提案しています。

池を彩る  

島原 健一