昭和の佇まいを残すまちの風景

武蔵新田駅から歩いて3分ほどのところにある「熱帯魚 金魚屋」である。昭和27年創業の昔な がらの住居兼金魚屋の商いの家である。周りは近代化の波に流され住居化し、商店街がなくなり つつもこの金魚屋だけ時間が止まっているようなノスタルジックな佇まいが残っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です