河原坂から見える駅と商店街

ここは鵜の木松山公園から駅、  商店街に向かって見下るした河原坂という坂である 。さらに奥に進むと多摩川まで続いており、 一本の道となっている。河原坂はそんな鵜の木を象徴した道の一つである 。

最初の路地は緩やかな坂なので、 路地だと思ってしまうのだが、 途中に大田区の立てた標柱があるので坂だとわかる。大正時代まではここがメインルー トであった。

現在の鵜の木2、 3丁目付近は、 昔多摩川の河川敷であったので、  河原の地名がある。坂道の由来は河原に出る坂道であることによる。今は 「切通」になって緩やかであるが、 以前は道幅の狭く急な坂で、 河原の畑を往来する 荷車などは難儀をしたという。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です